2018/07/28

プレスコット コーチマンジャケットをゲット!


今回のブログは
いつもご覧頂いている皆様には
あまり興味のない記事かもしれません・・・😓

なので。
興味がなかったら、そのままスルーして下さいませ。
ちょっとお値段高い系システム手帳のお話です💦

実は最近
ずっと気になっていたシステム手帳をゲット!しました。

日本で、いや世界でもトップクラスのシステム手帳メーカー
アシュフォードのブランド設立30周年記念モデル
プレスコット コーチマンジャケット
です!

プレスコットは
アシュフォードが30年前に初めて作ったシステム手帳で
(*「アシュフォード」は当時チャンドラーという会社のブランドのひとつでした)
今回の30周年記念モデルはその復刻版だそうです。

なので
サイズも当時と同じくバイブルサイズ・オンリーの展開。
カラーは4色ありますが
私が購入したのはラスタ。茶系です。

30周年記念のタグが付いています。

ブランド名とロゴマークの型押し部分。
縫製もキレイです✨

表紙を開くと
まずはこんな感じで左にジッパーポーチ
右にカードケースとなっているのですが・・・

「コーチマンジャケット」は
オモテ表紙側が更にもう1段階開くのです!
ジッパーポーチの表面はジョッター仕様となっており
中央にはサイドインポケットとオープンポケットが付いています。

プレスコットの大きな特徴のひとつは
このスクエアバック。
洋書のペーパーバックみたいですね~。

どこをとっても素晴らしいプレスコットですが
あえて「イマイチ。」と思う点を挙げるとすると
この6穴リング金具かな😗?
これはプレスコットだから、というわけではないのですが
実は私、アシュフォードのリング金具があまり好きではなくて(^^;;
開閉が硬いのと、閉める時にパチン!と甲高い音がするのが
私にとっては「あららっ?!」って感じなのです。
ファイロは結構低い音ですよね。
夜中に一人で手帳をイジっている時は
パチン音で家族とインコが飛び起きてしまわないかとビクビクです😅😅😅
余談ですが、フランクリンプランナーのリング金具も
結構甲高いパチン音がします。


・・・と。
最後は文句になってしまいましたが笑
「買って失敗した!」
なんて思っているわけではなく
購入以来かなりのお気に入りで
ずっと見て触っていても飽きる事はありません😊

プレスコットは私が所有しているシステム手帳の中では
一番か二番目に高価な手帳になるのかな?
購入価格が正確に思い出せないのですが
ファイロの「シエナ」も3万円台だったような・・・

プレスコットは
私が購入した「コーチマンジャケット」の他
フツーに見開き型の「スタンダード」と
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
Ashford 30周年限定商品 プレスコット スタンダード 
価格:32400円(税込、送料無料) (2018/7/27時点)

ベルトなし・リング径15mmの「トラベルマン」
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
Ashford 30周年限定商品 プレスコット トラベルマン 
価格:28080円(税込、送料無料) (2018/7/27時点)

の3タイプがあります。

限定モデルなのでどのタイプもかなり品薄のようですが
興味のある方はチェックしてみて下さいね♪
ではまた~😊😋

Related Articles

0 コメント :

コメントを投稿

Powered by Blogger.