2016/04/18

リフィル用紙へ直接プリントする方法。


こちらのブログにて公開させて頂いておりますシステム手帳用のリフィル。
数もけっこう増えてまいりました。

今日はこのリフィル達を
直接システム手帳の無地リフィルへプリントする際の印刷方法について
ご説明させて頂きたいと思います。

・・・とは言いましても。
私はPCユーザーですのでMacは分かりません・・;

加えて皆様がお使いのプリンターも
インクジェットだったり、レーザーだったり
エプソンだったり、キャノンだったりと様々でいらっしゃいますし
インターネットブラウザもChromeだったり、Firefoxだったり
そのバージョンも違ったりと、ネットの使用環境も異なります。
なので、皆様全員にご満足頂けるような説明をさせて頂く事は出来かねますが
ご参考になれば幸いです♪

☺ ☺ ☺ ☺ ☺ ☺ ☺ ☺ ☺ ☺

** リフィル印刷の前に **
こちらのブログでは、自作リフィルは全てpdfファイルで公開させていただいております。
pdfファイルを開くためのソフトAdobe Readerをお持ちでない方は
Adobeのオフィシャルサイトよりダウンロードしてご用意下さいね。無料です。
ちなみに私はウィンドウズ版のAdobe Reader 11(Ⅺ) というバージョンを使用しています。

 まず印刷したいリフィルのダウンロードリンクをクリック。
ここでは「ぴんくみんと・バイブルサイズ」の"見開き1週間2016年8月分"でご説明しますね。
下の画像ピンク色の矢印ところをクリックして開きます。




開くとこんな画面が出てしまう事があります。
利用しているファイルストレージサービスDropboxの利用登録画面ですが
Dropboxは登録されなくてもリフィルの印刷は可能ですので。
この画面はピンク矢印部分のどちらかをクリックして閉じてしまってOKです。



閉じるとこんな画面になります。



次に画面右上の青地に白抜きの文字で「ダウンロードと書いてあるところをクリック。
クリックすると「ダウンロード」の文字の下に「直接ダウンロード」と「Dropboxに保存する」という窓が現れます。ここでは「直接ダウンロード」をクリックして下さい。



「直接ダウンロード」をクリックすると、別窓で自動的にAdobe Readerが開くか、フォルダへ保存するためのウィンドウが現れます。
自動的にAdobe Readerが開いた場合は、そのままへ進んで下さい。
名前を付けて保存」のウィンドウが出た場合は、お好きなフォルダへダウンロードファイルを保存して、そこからファイルを開いて下さいね。br />
また、下の画像のような画面になる場合もあります。
お使いのブラウザやそのバージョンによっても異なるのですが、こんな感じの画面が出る事もあります。
それぞれ「開く」または「Adobe Readerで開く」をクリックしてpdfファイルを開いて下さい。


Google Chrome (PC画面下の方)

Firefox

Microsoft Edge (PC画面下の方)


開くとAdobe Readerの画面が現れます。
Adobe Readerの画面もバージョンによって異なりますが、大体こんな感じになります。



この画面では、最初に左上の「ファイル」をクリック。そしてダイアログボックスの下の方「印刷」をクリックして下さい。



「印刷」をクリックすると、こんな画面が現れます。
ピンク色の矢印のところにリフィル印刷のプレビュー画面がありますが
これではA4用紙印刷になってしまいますので・・・



次はバイブルサイズのリフィル用紙に印刷するために、用紙サイズの設定を変えます。
画面上部中央にある「プロパティ」をクリック。するとプリンターのプロパティ(印刷設定画面)が開きます。



ここから先は皆様がお使いのプリンターのソフトによって画面のレイアウトは異なりますので、画像は参考までにご覧ください。
私は現在エプソンのEP-707Aというプリンターを使用しています。このプリンターでの印刷設定画面はこんな感じです。
ここにある「用紙設定」をクリックすると・・・



用紙サイズを選択できるボックスが現れます。この中に、用紙サイズを自分で設定可能な「ユーザー定義サイズ」(キャノンなら「ユーザー設定用紙」)という項目があると思いますので、これをクリックします。


「ユーザー定義サイズ」をクリックすると、ミリ単位で用紙の大きさを設定できる画面が現れますので、ここに印刷したいリフィルのサイズを入力します。
バイブルサイズなら、国内メーカーのリフィルは大体縦17センチx横9.5センチでですが、1~2ミリ大きく作っているメーカーもありますので、サイズはパッケージに記載されていればそのサイズを入力、記載がなければ定規できちんと測って入力して下さいね。


用紙サイズを入力して「OK」をクリック、Adobe Readerの印刷設定画面に戻ると・・・
印刷したいリフィル用紙のサイズにピッタリと収まったリフィルがプレビュー画面にてご覧頂けると思います。
最後に画面左の方「ページサイズ処理」の選択枠が「実際のサイズ」になっている事を確認して「印刷」!


というような流れです。
ユーザー指定の用紙サイズに関するプリンターの設定はコチラもご参考下さい。
キャノン
エプソン


2015年9月以前に公開のリフィルはWordPressのストレージを利用していますので
印刷したいリフィルのリンクを開くと、こんな画面になると思います。
この画面では、右上のアイコンが並んでいるところにある下向きの矢印「ダウンロード」をクリックして下さい。
その後の手順は、上記でご説明している以下と同じです。



ご不明な点がございましたら、コメント欄でお問合せ下さいね。
では、本日はこの辺で♪



Related Articles

2 件のコメント :

  1. とってもわかりやすい説明をありがとうございます!
    なかなか可愛い手帳リフィルが売ってなくて、非常にありがたいです(*´ェ`*)
    これからも投稿楽しみにしてます♡

    返信削除
  2. Unknown様。コメントありがとうございます!!!

    人に説明するって難しいですよね。こんな説明でお分かり頂けるか不安だったのですが、Unknown様は印刷できた^0^/と、ご理解してOKみたいですね。良かったです~^^

    フツーのスケジュール帳なら、可愛いものがたっくさん出回っているのに、市販のシステム手帳リフィルはホント、地味で悲しいですよね>_<

    はい、今後も出来る範囲でいろんなリフィルを公開させて頂きますので。
    これからもどうぞヨロシクお願い致します!

    返信削除

Powered by Blogger.