2015/05/17

シールの保存にシステム手帳のバインダー。



キングジムから発売された大人のシールコレクション
すごい人気だそうです。


シールだけを持ち歩くにはとても便利な商品ですよね。
確かに。
これは欲しくなる逸品。

でも手帳デコやアルバムデコをされている方は
持っているシールの数もかなり多いはず。
箱にドサっと入れておくと探すのも大変で・・・
どちらかというとシールは持ち歩き方より保管方法に頭を悩ませているのでは?

シールの保存にはシステム手帳用の保存バインダーを
「シール専用バインダー。」
として活用するのも便利ですよ。




例えば、花柄→星柄→ドット柄の順に種類で分けて収納する場合
ある日星柄のシールをドサッ!と衝動買いしてしまったとしても
途中のページにポケットを追加するのはリング式バインダーならラクチン♪ですので。
サイズは一般的なシールシートの大きさからして
バイブルサイズ用のバインダーが適していると思います。

私がシールの保管に使用しているバインダーは
エヌ・プランニングのリフィル保存用バインダー
現在約60枚のシールシートを保存していますが
まだ余裕があります。
リング内径は23ミリ。価格は税抜400円。


エトランジェ・ディ・コスタリカの保存バインダーもカラフルでカワイイ。
写真のライトブルーの他、全11色あります。
リング内径は15ミリとエヌ・プランニングのバインダーより小さいので
収納可能枚数は最大でも50枚弱ぐらいかな?
シールの厚みにもよりますけどね。
価格は税抜500円。


以前「システム手帳を可愛く-ポケットをプラス。
の記事で書いた事と少しダブりますが
シールの保存に使用するのはクリアポケット。


上記クリアポケットはバイブルサイズリフィルとほぼ同じサイズで
幅は9.7センチぐらいですが、もう少し幅広のポケットもあります。
こちらは東急ハンズのオリジナル商品で幅は11センチ。
10枚入りで価格は税抜150円。


幅が10センチより広いシールシートには
こちらも以前の記事でお伝えしたハガキサイズのクリアホルダーや
PP袋を使用するとイイですよ。
共に100円ショップで買えます。


クリアホルダーやPP袋はパンチで6穴を開ける必要があるのと
ハガキ/A6サイズ用はよくあるシールシートより
縦の長さが2~3センチ足りないのが難点ですが
クリアポケットに入れたシールと一緒に保存できるので便利です。

クリアホルダーは口が開いている方にパンチ穴を開けて下さいね。
またPP袋は単独で穴をあけようとすると
フニャっとしてしまい穴あけしにくいので
要らない紙を重ねてパンチするとキレイに穴あけ出来ますよ~。

で、ここからは使用例の写真です。
先ほど私はエヌ・プランニングの保存バインダーを使用していると書きましたが
・・・ちょっと汚れが目立つので(笑)
写真ではColor Crushのバインダーを使っています(失礼)。

シールシートによっては
こんな風にシールシートが入っているPP袋をそのまま利用して
紙の台紙ごとパンチで穴をあけて保存しているものもあります。


残り少なくなったシールやフレークシールは
クリアポケットを上下2分割した小さいポケットに保存。
2分割したクリアポケットの片方は当然底抜けになってしまうので
底となる部分にはマステを貼ってポケット状にしています。


こちらはシールシートをハガキサイズのクリアホルダーに入れたもの。
ちょっと分かりにくいので
右下にクリアホルダーの上辺が分かるよう
矢印で示した別画像を入れましたけど見えますか?


そしてこのシール達をまとめてバインダーにとじると
こんな感じになります。
とっても便利なのでぜひお試しくださいね~。

Related Articles

0 コメント :

コメントを投稿

Powered by Blogger.